スポンサードリンク
   


着物のたたみ方と浴衣のたたみ方


着物のたたみ方浴衣のたたみ方
同じように思えますが実は少し違うのですね。
和服に馴染みのある女性ならば、たたみ方に悩むことなく、
抵抗なく取り組める「たたむ」という作業ですが、
着物や和服に馴染みのない女性には、
「たたむ」という作業は、なかなかハードルの高い作業です。

着物には留袖や訪問着のように 一般的なお袖の長さの着物から
振袖のようなお袖の長い着物もあるので、
たたみ方も基本は同じでも、少し迷ったり、手間取ったりします。
ところが浴衣となると、長いお袖の浴衣などなく、
たたみ方も、覚えてしまうと実に簡単で
背中を中心にたたんでいく、というイメージです。
この「背中を中心にたたんでいく」というイメージは
なんだか分かりにくいかもしれませんが、
実際に浴衣をたたんでみるとなるほど、
「そういうことか」って思うことでしょう。
浴衣のたたみ方は長襦袢などに通じるところもあるので、
それはそれで覚えておくと応用がきき便利ですね。



これからの季節は浴衣が活躍する季節です。
最近の浴衣は洗濯機で丸洗いできるものがほとんどなので
洗濯機で洗い、太陽の下で清潔に干したら
丁寧にたたんで次のシーズンまでしまっておきましょう。
翌年の浴衣の季節がきて、また浴衣を着るときに 
余計なところにシワなどがはいることなく
気持ちよく浴衣をきることができます。

着物にしても浴衣にしても、たたみ方がよくわからない人は
和服に詳しい方に教えてもらうとよいのですが
そういう人が自分の周囲にいなくても大丈夫です。
最近はインターネットの動画サイトで
着物や浴衣のたたみ方がアップされているので
パソコンやスマホで繰り返し、確認しながら習得することができますよ。
posted by 着物・和服の似合う女性 at | 着物の慣習・マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。