スポンサードリンク
   


着物の慣習、衣替えを知っておきましょう。


洋服にも衣替えがあるように、着物にももちろん衣替えがあります。
季節に応じていない着物をきていると、
夏にコートを着ているようなものなので少し恥ずかしいですね。
大人の女性のエチケットとして、着物の慣習、衣替えも知っておきましょう。

合わせて閲覧されている人気ページはこちらですひらめき
次項有 着物にピアスは似合いますか?マナー違反になりませんか?
次項有 50代女性、着物の髪型セットはどうしますか?
次項有 着物の小物を一式揃えたいのですが 何が必要ですか

一般的には 寒い時期から5月までは袷(あわせ)
暑くなってくる6月、初夏の頃は単衣(ひとえ)
7月・8月の真夏は薄物(うすもの)、そして9月はまた単衣(ひとえ)
10月に入ると再び袷(あわせ)の着物を着る、というのが
着物の世界の慣習としてあります。
ですから、6月に入ったのに、まだ袷(あわせ)を着ていると、
「常識知らず」、と思われても仕方のないところがあります。
また、これも着物の慣習として、帯、長襦袢、羽織り等も衣替えをしていきます。



近年は地球温暖化の影響か、着物の衣替えの時期が
慣習として決まった頃よりも はるかに日本は暑くなっています。
着物にもクールビズを!という働きかけもあるくらいですから、
まだまだ暑い10月上旬に 全て冬仕立ての 袷の着物を着なくてはならないか、
といえば、その辺りは柔軟に考えてもよいでしょう。
帯や長襦袢も、全てセットで衣替えをしなくても 
帯だけ、着物だけ、という衣替えのスピードで良いと思います。

ただ、結婚式や正式なお茶席となれば話しは別です。
主催者側に相談することもひとつの方法であり、
また、フォーマルな場所では慣習に従っておくことが無難でしょう。
着物の衣替え、堅苦しく考えすぎず、でも、マナーは知っておいた方がよいですね。
posted by 着物・和服の似合う女性 at | 着物の慣習・マナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。