スポンサードリンク
   


簡単!桐たんすがなくても こんなにスッキリする着物の収納方法があります!


着物をもっと手軽に着れたら、と思います。
着物を着ることに億劫になる気持ちは
恐らく、着物の収納方法やお手入れが 洋服と違い「面倒だな」
という気持ちが着物を遠ざけているように思います。
着物の収納方法がもっと簡単にできないものでしょうか。

着物が嫌うものは湿気や虫ですね。
着物は絹でできているので(最近は絹ではない素材の着物も沢山でていますが)
とてもデリケートです。
着物を虫から守るのは 単純に外の世界から隔離してしまえばよいわけで
収納方法として 着物を完全に密閉してしまえば 虫からも守れるというわけです。
ところが 完全に密閉してしますと
今度は通気性が悪くて湿気が多くなってしまう。
つまり、着物にカビをはやしてしまったりして
とてもマズい状態になるわけですね。



虫と湿度から守る 着物の収納方法として
昔から桐ダンスに着物をしまっておくことがベストとされています。
桐たんすは害虫から着物を守り、防湿効果も高く、
おまけに 非常に燃えにくいという質までもっています。
昔から桐ダンスがよいとされていたのは そういう理由からなのですね。

ただ、難点はお値段が高価であること。
昨今は沢山着物を揃えているわけではないので 
着物の収納に 高価な桐ダンスを購入する人は少ないでしょう。
最近は通販などで 数段の桐衣装箱キャスター付き桐ケースがあるので
着物の収納方法は上手に解決できそうですね。
posted by 着物・和服の似合う女性 at | 着物のお手入れ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

    スポンサードリンク
   


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。